アコムは約束日延長できる?返済期日を遅らせて貰う方法とは?

アコムの返済日にどうしても今月は間に合わずお金を用意できないので、約束日変更を行いたいと思うことがあるでしょう。

実はアコムは返済期日を遅らせる方法があります。

アコムの返済を、約束日延長で遅らせる方法について解説します。

・アコムの返済期日は遅らせることができる

アコムの返済は全ての人が遅らせられるわけではありませんが、最大で30日間遅らしてくれる事があるようです。

30日間あれば、次の給料日が到来して余裕で返済できるかもしれませんね。

返済期日を遅らせているので、滞納には該当せず、遅延損害金もかかりません。

・約束日を延長して返済期日を遅らせたいなら

約束日を延長して返済期日を遅らせるには、3つの手法があります。
(1) コールセンターに連絡する
(2) 会員ページから設定
(3) プッシュホンサービスで設定

一番簡単なのはアコムのコールセンター(0120-629-215)に電話をする事です。

来月には返せる資金繰りをキチンと伝えておけば、相手も返済期日変更を受け入れやすくなります。

・アコムは返済期日にお金が無い人の専用相談ダイヤルを用意してくれている

アコムは返済期日に返済できない人に向けて、相談ダイヤルを用意してくれています。

返済期日延長を考えるのであれば、資金繰りが厳しい状況になっていると思われますので早めに相談した方がいいでしょう。

返済ができないからといって何日も連絡をしないままやり過ごしてしまうのが一番良くないです。全て履歴に残ってしまいます。通常、一週間くらい返済が遅れれば当然アコム側からも連絡が来ます。まずは携帯電話にきて、それをもし無視してしまったら会社や自宅にもかかってくるので要注意です。一番良いのは上記に記載した通り、自らアコムに連絡するのが安心でしょう。遅延損害金が発生しないということは履歴も連絡なしの返済遅れよりはずっとマシになるのでおすすめします。

中にはアコムで返せない分をプロミスやモビットで新たに借り入れをして返済に充てるという方も少なくないようですが、そんなことをするよりも正直に事情をアコムに話せば返済を遅らせることができるのですから、一番いいですよね。

アコムは約束日延長による返済期日を遅らせる事が可能な利用者に優しい消費者金融です。

少しでも困った事があれば、気軽に相談ダイヤルに連絡しましょう。

このページの先頭へ