失業中だからこそお金を借りたい!審査が通るカードローンはないの?

失業中は収入がなく、時間があるので支出も多くなりがちです。

就業中ではなく、むしろ失業中のほうがお金に困る事が多く、カードローン需要は高いのではないでしょうか。

とはいえ、無職の状態では消費者金融、カードローンやクレジットカードなど新規の申し込みは厳しいでしょう。

失業中に通るカードローンについて解説します。

・基本的に無職と同じ失業中ではカードローンの審査には通りません

カードローン審査は銀行か消費者金融どちらかを受けることになります。

銀行は無収入の人に対して融資はしませんので、失業中は難しいでしょう。

消費者金融は総量規制の関係で、こちらも年収ゼロの無職の人に対しては風当たりが厳しそうです。

・中小消費者金融ならワンチャンスあるかも?

失業中でも失業保険を貰っていると思います。

失業保険は大手消費者金融では安定的な収入として見なさず、審査に落ちますが、中小消費者金融の中には収入としてカウントしてくれるところがあるかもしれません。

失業中に融資を受けたいなら、中小消費者金融に電話をかけてみてもいいでしょう。

・クレジットカードのキャッシング枠は使える?

失業中にお金を借りたいのであれば、クレジットカードのキャッシング枠が生きていないか、確認してみてください。

もしクレジットカード会社に失業中と知らせていないなら、キャッシング枠が生きている可能性があります。

キャッシング枠が生きていれば、コンビニATM仕込むだけで利用できるはずです。

失業中のカードローン審査は難航が予想されます。

中小消費者金融に融資してくれるところはないか、もしくはクレジットカードのキャッシング枠が生きていないか確認してみましょう。

・転職など、一時的に無職になる可能性があるなら就業中に申込み

無職になる可能性が、働いている時期にわかっていれば、就業中に消費者金融カードローンに申込みをするのもありでしょう。

その時はお金に困っていなくても、契約だけするという方は意外といらっしゃるようです。申込み・審査・そして契約まで行っても、お金を引き出さないというやり方は問題ありません。

無職になった時に、本当にお金に困ったら引き出せば良いのです。ただし消費者金融のサービスのひとつ「30日間無利息」を受けられない事は覚悟しておきましょう。ただし、大手の消費者金融のアコムはこれに該当しますが、プロミスは大丈夫です。

アコムでは契約完了した次の日から「30日間無利息サービス」が開始されます。これはお金を借りても借りなくても同じです。ですから、契約から10日後にキャッシングを行った場合、無利息期間は残りの20日間だけということになります。

しかしプロミスの場合は、契約完了後からでなく、はじめてキャッシングを行った次の日から30日間なので、契約から10日後にキャッシングをしても、そこから残り30日間が金利ゼロ円ということになります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ