在籍確認の審査通過したらもう融資はほぼ確実って本当?

アコムだけの話ではなくどの消費者金融でも言えることなんですが、

『在籍確認が終了したら、融資はほぼ確実って聞いたんだけど?』

この考えはあながち間違っていません。

むしろ在籍確認が問題なく終わったのに審査に落ちたのであれば、
① 信用情報機関に過去の滞納情報

② 滞納情報どころか、ブラックリストに入っている

③ 申し込みの際に借入件数や借入総額を誤魔化した
と言った、深刻な事態が発生しています。

仮審査に合格し、本審査に突入して在籍確認が行われたなら、ほぼ融資は確実ですので、落ちた場合は原因を調査するべきです。

在籍確認後、審査にほぼ通過する理由を解説します。

・在籍確認に入るなら信用状態は問題ない

カードローンの審査は、信用状態を図る仮審査と、入力情報等が正しいかを図る本審査に分かれています。

仮審査を通過したのであれば、その時点で返済能力はあるとみなされています。

本審査は確認作業になるので、ここで落ちることはあまりありません。

・落ちたのであれば信用情報機関に問題が

在籍確認が終了したのに落ちたのであれば、信用情報機関が疑わしいです。

とはいえ、信用情報機関の照会で問題があれば、在籍確認審査に移行する前に、審査結果が出ているでしょう。

自分の過去の情報を偽って申込みをしていない限り、思い当たるところがないのであれば、もしかしたら信用情報機関にブラック情報など記録されている可能性があります。

過去払い忘れて引っ越ししたなど、カードで滞納がないかご自身の情報を見つめ直してみるといいでしょう。

信用情報機関では自分の情報なら手数料を払うことで見ることができます。

手数料は1000円で、スマートフォンからも開示申請が可能です。

在籍確認が終了したら、融資まで後一歩です。

もし落ちた時は、JICCやCICなどの信用情報機関にて自分の情報をチェックをしてください。その履歴情報は手軽に取り寄せ可能となっています。

このページの先頭へ