在籍確認が理由でアコムの審査に通らない事はある?

アコムの審査には、在籍確認という項目があります。

在籍確認は勤務先の固定電話番号にかけて、申込者が本当に勤務しているのか確認するという項目です。

在籍確認が取れれば、問題なく審査通過となるでしょう。

しかし、次のケースでは審査に落ちることがあるため注意が必要です。

○ 嘘の申告を行ったときの在籍確認

アコムへ申込みする際、嘘の勤務先を申告しても、在籍確認が行われたときにバレてしまいます。

嘘の申告を行った申込者は、アコムからの信用を失ってしまうため審査落ちとなる可能性大です。

以前勤務していたが現在は退職しているという勤務先でも同様に、アコム申込み時に勤務先としてはいけません。

在籍確認だけでなく、収入証明や健康保険証の提出でもバレる可能性はあります。

○ 休職中の在籍確認

現在は休職中といったときにアコムの在籍確認が行われると審査落ちとなる場合があります。

なぜ在籍確認が行われたときに休職中だとアコム審査が厳しくなるのでしょうか。

それは休職中だと会社によっては給与が支払いされない場合があるからです。

アコムの審査では返済能力を重視していますが、休職中で収入のない状態だと返済能力が低いと判断されることがあります。

○ まとめ

アコムへ申込みするときは、実際に在籍している勤務先を申告してください。

休業手当をもらっている方、労災保険から支払いされる休業補償をもらっている方は、アコム申込み時に休職中でも大丈夫かどうか相談すると良いでしょう。

在籍確認が取れないとアコムの審査に落ちることがあるため、事前に会社の人に電話がかかってくると伝えたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ