カードローンの「簡易審査・仮審査・本審査」の違いについて

カードローンではサービスが充実している会社であれば簡易審査・仮審査・本審査の三つの審査を行っています。

簡易審査とは主に消費者金融などで行っているサービスです。仮審査は銀行の大型ローンなどで行っていますが、消費者金融などでは行っていない事も多いです。特に簡易審査は審査を受ける事に不安を感じている方であれば安心材料となるので是非おススメな審査です。

・簡易審査、仮審査、そして本審査はどこが違う?

逆からになりますがまず本審査とは最終的に行われる審査です。

一般的に審査と言われて思いつく審査がこれです。

・仮審査は本審査の流れの中にあるのであまり関係なし

この本審査を行うにはある程度時間と手間がかかるので、二段階で行われることが多いです。先に簡単な審査を行い契約が可能かどうかを素早く利用者に知らせる、審査内容も異なるものなので、仮に仮審査で審査通過したとしても本審査で落ちる可能性はあります。

カードローンで仮審査を提供している場合、申し込み後に仮審査が行われ合格したら書類提出などを求め本審査に移行する形が取られます。

またもし仮審査で落ちたらその時点で 審査に落ちてしまったという旨のメールが届くという形をとることが多いようです。

・簡易審査は3項目の質問に答えるだけ

消費者金融などで多い簡易審査では審査を受ける前に受かるかどうかというのを簡易的に判断するというのが簡易審査です。

答える項目は「生年月日」「年収」「他社での借入金額」の3項目です。

簡易診断とも言われますが、大きな特徴としては、診断には個人情報を入力する必要がないというところです。通常の審査では個人情報のすべてを相手に教えるわけですから、履歴は残ります。信用情報機関にも残るので、数社への同時期の申し込みは多重申し込みとされ、ペナルティとなる可能性もあります。

個人情報の入力がなければ、何度でも簡易診断を受けることができるのは安心です。

これはホームページ上のコンテンツとして提供されることも多く、申し込みをする気がなくても簡易審査を行うことは可能です。

ただし制度については仮審査よりも低いのであくまでも申し込み前の目安程度の扱いにしかなりません。

利用者のからみた流れとしては、まずホームページなどで簡易審査を行い実際に申し込むかどうかを決めます。

申し込むと決めたら実際に申し込みを行うのですが、まず簡易診断を行い合否の判断を行う、そして問題がなければ本審査に移り最終的な合否の判断を行うという流れになります。

このページの先頭へ