消費者金融でキャッシングすると住宅ローンなどの審査が厳しくなる?

総量規制の対象となる消費者金融では、年収3分の1以上借りられません。

消費者金融からの借り入れが多すぎる方は、他社へ申込みした時の審査が厳しくなってしまいます。

しかし、総量規制対象外の住宅ローンなどでも、審査に通りづらくなるのでしょうか。

○ 住宅ローンの審査が通りにくくなる

住宅ローンの審査では、申込み者の返済能力を重視しています。

消費者金融からの借り入れがある方は、その分だけ返済能力が落ちている状況です。

消費者金融からの借り入れが多くなるほど、総量規制対象外となる住宅ローンでも審査が厳しくなると考えておきましょう。

○ 他のローンの借り入れは誤魔化せない

ローンのオンライン申込みフォームにアクセスした時、他社借入の入力欄はありませんか?

消費者金融からの借り入れがあっても、ゼロで入力すれば大丈夫と考えてはいけません。

それは消費者金融も含めて、借り入れは全て個人信用情報に登録されているからです。

ローンの審査時に個人信用情報を確認された際に、うその借り入れを入力したとすぐに分かってしまいます。

うその入力が分かると、申込み者の信用は大きく落ちてしまうため、正直な借り入れを入力してください。

○ まとめ

返済能力の範囲までなら、消費者金融からの借り入れがあっても、他のローンの審査に通ることがあります。

しかし、消費者金融からの借り入れが多すぎる方は注意が必要です。

消費者金融からの借り入れがある方は、他のローンから借りることを考えるより、まずは返済を優先させましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ