ブラックリストの事故情報が消える期間はどれくらい?

ブラックリスト事故情報は信用情報機関毎に情報の記録期間が微妙に違うので、どの位の期間で消えるのかちゃんと把握しにくいですよね。

ブラックリスト事故情報は、
①長期延滞なら完済後5年

②任意整理でも完済後5年

③自己破産・民事再生は5年もしくは10年
残ります。

ブラックリスト事故情報について解説します。

・ブラックリスト事故情報の種類

ブラックリスト事故情報は種類によって区分けされます。

その種類は、
◆概ね3ヶ月以上の長期延滞をした場合、任意整理をした場合

◆裁判所を使い免責を受けた場合
で分けて考えるといいでしょう。

前者はCIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター(JBA)共に完済後5年で情報が消えます。

後者は全国銀行個人信用情報センター(JBA)は官報情報を10年間残す仕組みになっているので、10年間は記録が残ります。

・ブラックリスト事故情報後はどうなる?

ブラックリスト事故情報に記録された後は、5年間クレジットカードやキャッシングカードが作れなくなります。

これはCICJICCに記録が残っており、キャッシング会社とクレジットカード会社は両方ともこの信用情報機関の記録を見るからです。

銀行はJBAを見ますので、自己破産をした場合は、住宅ローンや銀行カードローンは10年間使えないと考えた方がいいでしょう。

長期滞納になるか、短期間の滞納で済むかでその差は雲泥の差です。

滞納しても短期滞納の範囲内で留めましょう。

ブラックリスト事故情報は長い期間不便を強いられることになりますので、絶対に記録されないようにしましょう。

滞納は早めに解消してください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ