滞納は信用情報に記載される!それによって考えられる影響とは?

「今月お金ないから、来月まとめて払おう」とか安易に滞納しようと考えていませんか?

滞納を行うと、信用情報に記載され様々な影響が出てきます。

滞納と影響について解説します。

・滞納とはなにか

滞納とは、『2~3か月以上』支払いを拒む、『何回も滞納する』など金融機関が問題視する滞納と、うっかりミスなどの短期間の軽い滞納の2つがあります。

前者は金融事故やブラックリスト入りと呼ばれ、与える影響はより深刻です。

影響度合いも前者の方が大きくなります。

・長期滞納はローンが組めなくなる

長期滞納を行うと、信用情報にばっちり記載されてしますので、それ以降新規のローンに通らなくなる、カードの契約更新がされなくなるといった影響が出てきます。

金繰りが上手くいかなくなり、全てのローンが焦げ付く可能性があるなど、重大な影響が出てくるのです。

・滞納の記録が無くなるのは?

滞納の記録は、滞納を解消したら無くなる訳ではありません。

5年間信用情報として残りますので、その間はローン審査に影響を及ぼしてくるのです。

5年と言う月日は長く、その後も信用情報が無い事で審査落ちする等、影響はより深刻です。

安易な気持ちで滞納すると、長期に渡りローンを組めなくなるなど、後で後悔をする事になります。

滞納は絶対に行わないようにしましょう。

短期延滞でも何度か行うと、長期延滞と同じ処置をとられる事があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ