実は勘違いしがちなスーパーホワイト。そのチェック&ホワイト脱出のススメ

ブラックが悪い意味でとらえられているので、スーパーホワイトは何となく良い意味と勘違いしやすくなっています。

実はスーパーホワイトは、ブラックと同じ位悪い状態なのです。

勘違いしやすいスーパーホワイトとは何か、そのチェック方法チェック&ホワイト脱出の方法を解説します。

・スーパーホワイトとは

スーパーホワイトとは信用情報機関に情報が全く記録されていない人の事を言います。

今までキャッシングはおろか、クレジットカードを作ったことが無い人はスーパーホワイトです。

信用情報機関の情報は解約後、5年すべて消えますので、スーパーホワイトは『債務整理』をしている人と同じ記録になります。

事実上のブラックと言えるでしょう。

・スーパーホワイトのチェック方法

今まで一度もクレジットカード等の契約をしたことがなく、20代後半くらいになっている人は金融機関からスーパーホワイトとみなされます。

年齢が30代と年をとると、ますますスーパーホワイトとみなされてしまいます。

・スーパーホワイトの脱出方法

スーパーホワイトは信用情報が作られれば脱出できるのですが、最初の信用情報を作っていくのが大変です。

クレジットカードに申し込んでも落ちてしまうからです。

そこでスーパーホワイトの脱出方法として、

①審査に受かりやすい量販店の限度額10万円のクレカを作る
②半年ほど利用して返済したら、今度は増額申請を頼んでみる
③他の審査に通過しやすいクレカを作り、信用情報を育てていく

と言った手順をとってください。

スーパーホワイトは実質形を変えたブラックの状態です。

そのままにしておくとよくありませんので、必ず脱出の手続きを取りましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ