総量規制はカードローンの限度額に影響大ですがその理由とは?

総量規制はカードローンの限度額で必ず越えなければいけない壁です。

総量規制はカードローンの限度額に影響大ですがその理由について解説します。

・何故総量規制は影響大なのか

消費者金融のキャッシングは貸金業法に縛られます。

貸金業法の中に総量規制があり、年収の3分の1を超える限度額設定を行う事を禁じています。

消費者金融カードローン業者が貸したくても、貸せないといったジレンマが発生する訳です。

・銀行カードローンは関係ない?

銀行カードローンは別の法律で規制されているため、総量規制には関係ありません。

ただ銀行カードローン業界全体で自主的に規制を行なっています。

実質総量規制に近いルールで運営が行われている為、無制限と言うわけでは有りません。

総量規制は法律に関係ない業態にも影響を与えるのです。

・総量規制以上に借りたい時は?

総量規制以上に借りたい時は、総量規制対象外の銀行カードローンを利用するか、総量規制の例外を利用することになります。

総量規制は医療、借り換えなどいくつかの貸付に対しては例外として総量規制以上の融資を認めてくれます。

総量規制の例外を受ける事ができないか、聞いてみるといいでしょう。

総量規制は借り過ぎを防ぐために作られた制度です。

総量規制に引っかかると言うことは、借り過ぎの状態であると言い換えることができます。

一度自分を見つめ直して借入を思いとどまってもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ