クレジットカードとキャッシングのリボ払いの異なる点について

クレジットカードは商品を購入できるカードですが、現金でお金を借りることも可能です。

クレジットカードでお金を借りる事と、消費者金融でキャッシングする事の違いについて解説します。

・消費者金融キャッシングのリボ払の方が最低返済額は小さい

クレジットカードリボ払いの最低返済額は、結構高めに設定されています。

それに対して消費者金融キャッシングのリボ払いは、最低返済額が低めです。

銀行からのキャッシングだと更に低く設定されていますので、最低返済額に余裕があるのはクレジットカード以外のリボ払いという事になります。

・クレジットキャッシングの方が利息は高い

クレジットカードのキャッシングの利息は18%という事が多くなっています。

消費者金融は限度額を大きくするごとに下がる仕組みになっていますが、クレジットカードのキャッシングは常に18%です。

これはキャッシングを片手間に行なっているので、価格競争をするつもりがないためだと思われます。

・クレジットカードキャッシングは限度額が小さい

クレジットカードキャッシングの限度額は大体50万円までです。

これは50万円までなら収入証明書類が法律上必要ないので、この様な仕組みになっているのかと思います。

大きな金額を借りなければいけない人にとって、クレジットカードのキャッシングは向きません。

クレジットカードのキャッシング、ちょっとお金を借りるにはとても便利ですが、本格的に借りるのは向かない様です。

仕組みを理解して、計画的に借りてください。

このページの先頭へ