カードローンのお試し審査は信ぴょう性はある?

カードローン審査にお試し審査と言う物が用意されています。

このお試し審査、果たして信憑性はどの程度のものなのでしょうか。

お試し審査の信憑性について解説します。

・お試し審査の信憑性は低い

お試し審査は借入件数と年収だけと言った、ざっくりした情報で審査を行う方法です。

このお試し審査の信憑性は、はっきり言って極めて低いものと言えるでしょう。

借入件数と年収だけでは審査は判断する事が出来ません。

余程ひどい状態でなければ、お試し診断は通過する様に作られており、信憑性は低いと言えるでしょう。

・お試し診断の作り方で審査傾向が見える?

お試し診断は大体の人が審査通過するように作られています。

それは少しでも可能性がある人には、とりあえず申し込んでもらいたいからです。

にもかかわらず、お試し診断で入力をしてみると審査に落ちるデータが存在します。

その審査に落ちるデータの作りこみの仕方から、その金融機関が何を重視しているのか、わかるかもしれません。

例えば、借入件数が4件でも通ったのに、5件だと通らない金融機関は借入件数を重視しています。

借入額が年収に対して多く入力すると通らなくなる金融機関は、年収を重視しているのでしょう。

このように微妙な差を見て、その金融機関の審査傾向はわかりますので、対策をして臨むといいでしょう。

お試し診断は捕捉の為の機能ですので、信憑性は極めて低くなっています。

あまり気にしなくてもいいかもしれませんので、とりあえず申し込むようにして下さい。

このページの先頭へ