休眠口座についてご存知ですか?

休眠口座についてご存知ですか?

いつも管理している銀行口座とは別に、しばらくの間管理していない口座です。記帳はもちろん引き出しも預け入れ等の取引が全くされていない銀行預金のことを言います。

5年、10年、それ以上使われていない銀行口座のことを眠っている状態を指し「休眠口座」と呼ばれています。

こういう口座はどうして眠った状態になるのか。そして残高があるにも関わらずなぜ眠らせてしまっているのか?

子供の頃に使っていてその後は社会人になるタイミングで新規口座を作ったり、結婚を機に別な講座を作ったり、転職して会社からの指示で銀行での口座を作るように言われたり。給与を振り込む為の新規口座のため、利用しなくなった銀行口座はしだいに忘れていきます。

または亡くなった方の預金の中でも、親族が把握できなかったものなど。

預金している本人と連絡が取れれば問題ないのですが、連絡がつかない状態が確認されるとその口座に眠っている金額は銀行の収入になります。

金額の多い口座は当然把握していることも多いですが、例えば1万円以下の預金は忘れ去られてしまいますし、本人も相手にしないという場合も多いです。

利用しなくなった銀行には住所変更や電話番号の変更等の手続きをしていないことが多く、預金者本人と連絡が取れなくなっていることがほとんどです。

実際に休眠口座としては毎年850億円ものお金が発生しているようです。少額でも休眠口座がおよそ1300件もあるとそれだけ大きな額になります。

それをただ眠らせているだけなく、社会のために利用しようという流れになってきました。

国のため、経済のために使うか、復興支援のために利用するか、または貧困状態である家族に融資をすることなど、様々な案が出されているようです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ