カードローンで発生する代位弁済は一体どういう内容なの?

銀行カードローンで代位弁済という言葉が契約書に入っています。

代位弁済とはどのような内容なのでしょうか。

代位弁済のその具体的な内容について解説します。

・代位弁済の内容

代位弁済の内容は銀行カードローンで借りているとき、何らかの契約不履行を発生させてしまった場合、保証会社が代わりに弁済してくれる事を言います。

契約書に定められていて、主に延滞や自己破産の時に出番が来る仕組みです。

・代位弁済されたらチャラじゃない

『代位弁済されたら保証会社が払ってくれるので終わり』ではありません。

代位弁済された場合は、保証会社に債務が移るだけです。

保証会社と新たに金利を詰め、契約を結び直すので、結局は割高に借金を返さなくてはいけなくなります。

・代位弁済されるタイミング

代位弁済は延滞、契約不履行を行なったらすぐに行われるわけではありません。

タイミングとしては、『約3ヶ月以上の長期延滞』を行い、カードローン会社が異動情報(いわゆるブラック)として届け出た場合です。

3ヶ月というのは信用情報機関の最長ルールであり、カードローン会社の気分次第で1ヶ月では届けられたりもします。

契約書上は1日でも延滞すれば、債務不履行と言われても文句は言えなくなっているのです。

代位弁済はカードローン会社の債務を保証会社が払ってくれる便利な制度じゃありません。

延滞を行わないようにして、代位弁済のお世話にならないよう気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ